入間市の「住心」が、お客様のお悩みについてお答えします。

  • 04-2935-3366
  • お問い合せはコチラから

こんなお悩みありませんか?qa

こんなお悩みありませんか?

埼玉県入間市を拠点に活動している株式会社住心ではサイディングを使用した外壁リフォームを行っております。こちらのページでは弊社に寄せられる多くのご質問にお答えします。サイディングや外壁補修についてお悩みのある方は、まずこちらをご覧ください。

こちらのページに見当たらない質問に関しては、お電話やメールフォームにてお気軽にお問い合わせください。弊社スタッフより迅速にお返事させていただきます。

外壁をモルタルからサイディングに変更したいのですが、可能でしょうか?

はい、モルタル外壁をサイディングに変更することは可能です。ただしサイディングボードを貼り付けるためには、釘を打つための「胴縁(どうぶち)」と呼ばれる下地が必要になります。一般的な木造住居には下地がありますので、そのままサイディング施工できます。

なお荷重がご心配の場合は、一度モルタルをすべて撤去してから施工するとよいでしょう。モルタル壁の撤去後に下地を作り、新しい防水シートを貼ってから施工することをおすすめします。

サイディングの劣化を修復するにはペンキを塗ると聞きましたが?

サイディングの表面塗装が劣化した場合、一般的にはペンキ塗装によって回復させます。ただしボードの劣化には様々な状況がありますので、弊社では現場を確認の上、最適な修復方法をご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

定期的なメンテナンスは必要でしょうか?

サイディングには強度がとても強いという特徴があり、定期メンテナンスがとても楽です。特に樹脂サイディングは塩害や火山灰、酸性雨、厳寒地の凍結にも強く、錆びることがなく、変色しにくく、傷付きにくいという性質もあります。

また、汚れても水洗いによりきれいになるというメンテナンス性にも優れています。破損しても1枚から交換できる製品もあり、メンテナンスの面で外壁の素材として大変おすすめです。

雨対策をしなければならないでしょうか?

樹脂サイディングは「疎水性」という特徴を持つ、防水材不要のサイディング素材です。また、弊社ではシーリング材を用いない構法で施工しますので、ボードの隙間から水が浸み込むこともありません。

たとえボードの裏面に水が回ったとしても通気性を確保しているため、乾きやすくなっています。このように樹脂サイディングは雨対策が不要な防水性に優れた素材なのです。

費用は割高でしょうか?

外壁補修のコストは、定期的なメンテナンスを含めて、長期的な視点で考える必要があります。サイディングは耐久性や強度の面で優れているために、定期的なメンテナンス費用があまりかかりません。

単なる塗装工事と比較すれば、ボードの材料分のコストがかかるために初期コストはかかります。しかし1年あたりの総費用を考えれば、サイディングは圧倒的にコストパフォーマンスのよい補修方法となります。

火災が起きたときにはどのような状態になりますか?

塩ビ樹脂を原料としている樹脂サイディングは着火しにくく、しかも外部から熱し続けなければ燃え続けることもないため、延焼しにくい素材です。紙や木材のように一酸化炭素などの多くのガスを出すこともありません。このように比較的火事に強い素材といえます。

04-2935-3366
TOPへ戻る